行こう!イシス学院へ

2017年02月16日 20:09

昨日は、地元・柏崎市でタロット初級を修了した生徒さんたちと、
東京のイシス学院へお邪魔しました。

イシス学院では、タロットを始め、アロマテラピーやアストロロジー、カバラーの4講座があります。
私はこちらでタロット初級の講師として認定を受けており、
イシス学院で講義の一部を担当したり、地元で初級コースを開催しています。

さらに!
イシス学院では学んだ智慧を活かすため、
毎週タロット、アロマ、アストロロジーなどのスキルアップ講座も開催しているんです。
そのタロットリーディング研究会に、地元の生徒さんたちをエスコートして参加しました。

「さあ!行きますよ~。こっちですよ~」と、タロットカードで示すとこんな感じ!
旗は振りませんですが(笑)
LE DIABLE
※タロットカードの画像はイシス学院の許可を得て、使用しています。


マルセイユ・タロットの世界は奥が深く、その歴史は紀元前にまで遡ります。
占いではなく、自分自身をまるごと変容させるパワーを秘めています。

聖地・イシス学院に行くことで、タロットの本来の力と奥深さを感じ取ってもらえたらと願い、
この「行こう!イシス学院へ」を計画しました。

銀座という立地に、生徒さんたちはやや気後れ気味でしたが、
私の師でもある大沼澄先生の、丁寧で明確なタロットリーディング解説に大興奮!
彼女たちの学びを深めた様子に、私もエスコートのしがいがありました。
これからのさらなるステップアップを応援します♪





ゆく年

2016年12月29日 23:55

本日で、2016年の営業は終了しました。
今年も大変お世話になりました。

2016年を1枚のタロットカードで振り返ってみると、『運命の輪』です!
LA ROVE DE FORTVNE

3匹の奇妙な生き物がいます。
そのどれもが自分に見えます。

泰然自若に物事をじっと見据えてみたり。
時にはギリギリと歯を食いしばって、必死に喰らいついてみたり。
また、ある時はのんべんだらりと呆けてみたり。
けれども、その3匹は常に「輪」でつながっているのです。
「タロット」という輪で!

そんな1年でした。

来年2017年は、1月3日(木)よりスタートします。
またどんな出会いが待っているのか、ものすごーく楽しみです。
新しい年も、どうぞよろしくお願い致します。




出張タロットリーディング

2016年11月10日 23:23

お米ならばここ!
今日は地元・柏崎市水上の山波農場さんにて、出張タロットリーディングの最終日でした。

美味しいお米作りはもちろんのこと、地域への貢献も一生懸命な山波農場さん。
あらゆる賞を受賞し、先日は秋篠宮さまもいらっしゃいました!

山あいの、色づいた木々の間を抜けて向かいますが・・・。
20161110222434402.jpg

私も農家の娘なのでわかります!
こういう場所で育つお米は間違いなく美味しい。
そういうニオイがプンプンします。

山波農場さんに到着です!
20161110222521086.jpg


今回は社長さん自らのご依頼を頂き、社員さん全員へタロットリーディング。
心のモヤモヤをスッキリさせて、元気に幸せに過ごして欲しい!とのまごころがこもっています。
「社員は宝物」と、目をキラキラさせておっしゃる社長さんのもと、
社員さんたち全員、とっても礼儀正しく気持ちのよい方ばかり。


社員さんたち一人ひとりがしっかり支え合い、
一丸となっている様子は、『神の家』のタロットカードのようです。
LA MAISON DIEV
全く揺るがない、ひとつの組織が出来上がっています。


合わせて3日間お邪魔させて頂きましたが、
毎回毎回いつでもクリアな空気が漂っていて、居心地がよかったです。
きっとそれは、その場にいる方々が作り出している空気感なのでしょう。

そんな方々が一生懸命作っているお米ですから、美味しいはずです!

田んぼが終わり、これからはお餅の季節。その次は除雪です。
もっと楽しくお仕事に邁進出来るように、私もタロットでお手伝い出来て嬉しい限りです!

私の年末年始のお餅はこちらで決まりです。
山波農場さんホームページ
http://www.yn-n.co.jp/



企業さまへの出張タロットリーディングも承っております。
ひとりひとりが心に迷いなく過ごしていたら、
それは組織全体のモチベーションや業績にだってつながります。
詳しくはお問い合わせ下さいませ♪




タロットリーディング・スキルアップ講座、スタート!

2016年10月31日 23:46

今日はハロウィン!
ではなく、タロットリーディング・スキルアップ講座でした。

イシス学院認定・タロット初級仕事師コースを修了した生徒さんが対象で、
タロットリーディングのさらなる習熟を目指す講座です。
せっかく学んだタロットを、さらに活かしてもらいたい!と、今月から毎月1回のペースでスタートです。

地元・柏崎市での第1期生となる方たちが集い、展開法や読み方を復習したり、
展開したタロットカードを具体的にどう読んでいくかなどを再確認したり。

生徒さんたちのキャラクターなのでしょうね!
和気あいあいとした場で、おおいに盛り上がりました。
私も『教皇』のタロットカードのように、
指を差して「ここはこうでは?」と、時折ツッコミ、いいえ指導を(笑)。
LE PAPE
※タロットカードの画像はイシス学院の許可を得て、使用しています。



私も最初のころ「どう読むの?こう読むの?」と不安だったり、カードの置き方を間違ったり。
そんな壁がいくつもいくつもありました。

そんな壁を乗り越える講座になるといいなと思っています!






「発掘」のタロットカード

2016年09月30日 17:09

収穫の秋です。
サロンの窓からは、一面黄金色に輝く田んぼが広がる・・・

その先に!!
実は「宝田遺跡」があるのです。

ナゼ知っているかと言うと、偶然通りかかったら「宝田遺跡見学会」という看板があったから。

遺跡発掘のアルバイト募集の広告を目にする度、
古代のロマンへ胸をときめかせていた私にとっては、
こりゃもう見過ごせない看板だったのでした。

もちろん行ってみました!

吸い込まれるような青空のもとで、古代ロマンの扉が開かれる・・・。
20160930162946790.jpg

この辺りは一面田んぼなのですが、なんと!!平安時代からこの場所は田んぼだったそうで・・・。
水路が整えられた痕跡などが見つかったそうです。

1000年以上もの古代の人も、この場所で稲刈りしてたんですよね。
2000年に生きる今も、その田んぼが続いているのって、なんだかスゴイ。
そしてそこに今、私は立っている!!!!

そんな風に胸をジーンと熱くしていたのですが、
私以上に熱かったのが、その現場で働く方々。

私よりも一回り以上年下の可愛らしい女性が、
遺跡に関して、事細かに!情熱を持って!説明をしてくれたのですが、
その女性の瞳がキラキラしているんですよ~。

遺跡を愛してやまない!!気持ちがにじみ出ていました。
素敵だなぁ、こういう人!

「宝田遺跡」では田んぼの跡以外にも、茶碗や土器など様々な遺物も発見されたのですが、
中でもひとつの木札がひときわ丁重に扱われていました。
何が書いてあるのかはまだこれから先の研究次第なのだそうですが、
豊穣を祈る呪術か、水害を防ぐお札か、はたまた恋文かもしれませんよね!?

『審判』のタロットカードを思い出しました。
LE IUGEMENT
埋もれていたものがあらわになり、復活を遂げることを象徴しています。

その木札、一体何が書かれているんだろう!?
一見すると、よくある古びた木片なのです。
何が書かれているのかあらわになれば、
当時の人々の生活様式を知る手がかりになりますね。

ロマンだわ・・・。