ユーカリの香り

2014年03月07日 21:10

雪が少なくて、この冬は過ごしやすいな!
なんて思っていたら、急に寒くなって雪が降ったり。

IMG_3938.jpg

愛猫のちまきは元気ですが、気温差で起こる喘息がツライ私。
暖かな部屋に入る時、またはその逆、寒い屋外に出た時、
そのほか入浴時、寝入りばな等など。
温度差があるとたちまち・・・、のどが、そして肺が痒い!
そして激しく咳き込みます。

咳って、腹筋&背筋を激しく使うのです。
お腹の筋肉痛とともに、たちまち3キロのダイエット効果が(これは嬉しい副産物ですが)。

のどや鼻の呼吸器系のトラブルの時には、
スッキリさせてくれるペパーミントのエッセンシャルオイル。
ですが、ペパーミントは交感神経がアップするため、
夜に使用すると、私の場合は元気になりすぎて、眠れなくなってしまうのです。

そのため、このところはユーカリがお気入りです。
コアラの大好物、あのユーカリです。
のどや鼻、肺付近に塗ったり、
マスクに数滴落として吸い込んだり。

華やかな花の香りのエッセンシャルオイルと違い、
ちょっと地味な立ち位置かもしれませんが、
ユーカリはオーストラリア先住民のアボリジニも使っていた、
伝統あるオイルの中のひとつなのです。

ユーカリ、というとそのまんまユーカリですけれど、
本来は何種類もあるのです。
ユーカリラディアータ
ユーカリグロビュラス
ユーカリブルー
ユーカリシトリオドラ

などなど。

どのユーカリも、のどや鼻に爽やかさをもたらして
スーッとした清涼感がありますが、
お客様にもっとも受けが良いのはラディアータ
柑橘系のような柔らかさと甘さがあるからかな?
私は、ガツン!と力強さのあるグロビュラスが大好き!
「土のにおい」と言われます(笑)。
ラディアータに比べると、男性的で野性味がある香りといった印象ですね。


実は成人して喘息が発症する場合は、
その原因のほとんどがストレスだそうです。

私が発症したのは、イシス学院でタロット講師養成コースに通っていた時。
講師の同期に言わせると「とっても楽しいコースだった~!!」とのことですが、
私は自分自身の大きな変容を迫られており、
言いたいことも言えない、溜め込む一方のキツイ時期でした。

そういったネガティブな敏感さが、結果として喘息を引き起こし、
また「咳」という手段で、体の外に出していたのかな、とも思います。

この地上にいるはずなのに、
喘息で呼吸が出来なくて溺れそうな感覚に陥る度、
ユーカリのエッセンシャルオイルを使う度、
私の修行はまだまだ甘い!と実感させられます(笑)。

深い部分を変えるためのオイルも、現在進行形で模索中。
これからなんだからねっ!!


<注意>
使用しているエッセンシャルオイルは、
直接塗ったり飲んだり出来るものです。
一般に販売されているものとは、異なった使い方をしております。
お手持ちのオイルをお使いの際は、
その取扱書に沿ったやり方でお楽しみくださいませ。
またオイルの効能は薬事法等の表示に定められるものではありません。
感じ方には個人差があります。ご注意下さい。






ペパーミントの香り

2013年09月27日 20:44

すっかり秋モード。
暑かったこの夏は、ペパーミントのアロマオイルが大活躍でした!

ペパーミント

アレルギー体質の私は、
単なる虫さされが大きく腫れ、やがて水ぶくれとなり、
そして痕になってしまいがちです。

活動量が多いのか、はたまた体が健康になったのか、
(私は後者と思っている)
この夏は、虫に刺されることがかなり多かったです。

刺された直後や痒い時、
ペパーミントのアロマオイルをすぐに塗り塗り。
スーッとした清涼感とともに、痒みも引きます。
しかも痕に残らない!
ですが刺激が強いため、使う際にはちょっと注意が必要です。

このペパーミントのアロマオイルは、
喘息持ちの私にとって、なくてはならないオイルのひとつ。
咳がひどくて、肺のあたりがムズムズする時は、
胸のあたりに刷り込みます。
気がつくと咳も止まり、呼吸が楽になって大変助かります。

直接飲んでもスッキリするので、飲み過ぎや食べ過ぎなどで
ちょっと胃がツライ・・・という時にもオススメです。

肉体的にも便利に使えますが、もちろん気持ちにもアプローチ!
ぼーっとしてやる気のない時や、悩み事などで集中できない時など、
「今やるべき最前の事」に対し、その刺激的な香りで、
前に現実に、ガッツリと目を向けさせてくれます。
おかげで徹夜仕事の時など、
何度このペパーミントの香りに助けられたことか・・・。

そんなパワフルさを持つペパーミントですが、
その生え方自体も、とってもパワフル!
ちょこっと植えていたらどんどん増えてしまい、
他の植物を圧倒してしまった・・・と言うこともよく耳にします。

それだけの強さを持っているからこそ、
あの刺激的な香りがするのですね。
例え悲しみに支配されていようと、
「今」に集中させ、立ち上がらせてくれる香りです。

新潟オフィスのお庭でも、あちこちに生えていますので、
ぜひその力強い姿をご覧くださいね~!



<注意>
私が使用しているアロマオイルは、
直接塗ったり飲んだり出来るものです。
一般に販売されているものとは、異なった使い方をしております。
お手持ちのアロマオイルをお使いの際は、
その取扱書に沿ったやり方でお楽しみくださいませ。





ローズの香り

2013年06月08日 13:32

長岡市の越後丘陵公園に行ってきました。

今開催中の「ばら祭り」。
その名の通り、素晴らしいバラが咲き乱れ、
辺り一面芳しい香りに包まれていました。
初めて訪れたのですが、圧巻!
IMG_3460.jpg

IMG_3458.jpg

IMG_3462.jpg

その幾重にも重なった豪華な花びらや香りから、
花の中では特別な位置にあるバラ。

アロマの世界でも、バラ、つまりローズは、
他のオイルとは一線を画すといってもいいくらい、
特別な存在感を誇っています。

豪華なのに繊細で、甘さと深みのある芳香は、まさしく「香りの女王」。
女性ならばきっと大半の方が「大好き!」と言うに違いありません。

ですが、単に香りがいいから「女王」なのではないのです。

1滴のオイルを抽出するのにも、
バラの花が200個必要とも言われています。
それだけ貴重な分、持っているパワーも絶大!

にっちもさっちもいかない四面楚歌状態で、どうにも動けない・・・
そんな時、このローズのエッセンシャルオイルにはかなり助けられました。

お値段が大変高価なため(ちなみに5mlで3万円ほど・・・)、
なかなか使うタイミングをためらいがちですが、
静かな勇気と満たされる幸福感を、心に取り戻すことが出来ます。

ネガティブな気持ちを安定させるだけでなく、
かなりのポジティブさを心をもたらし、
明るく高揚させてくれる素晴らしい香りです。

ちなみに香りの印象はかなりの個人差があり、このローズの香り・・・
当初、なんと私は「梅干しの香り」という印象しか持っていませんでした(笑)。

その時の自分の状況や感情により、同じ香りでも感じ方が違います。
使ってみないと、香りからどんなアプローチがあるのかは未知数。
ですがローズは、周波数が高いため心に働きかける力が圧倒的に深く大きいので、
万能・万人受けしやすいとも言えるかもしれません。


そういえば・・・、
古代エジプトの最後の女王クレオパトラは、バラ好きとしても有名です。
当時は黄金よりも高価なバラでしたが、
バラ風呂に入り、寝室の床には花びらを5センチ敷き詰めたとか。
そんな何千年も昔から、ローズの香りの持つ力は受け継がれてきたのですね。

越後丘陵公園のバラを集めたら、今だったら出来るかもしれません!!
やってみたーい!




ローズマリーの香り

2013年05月12日 23:38

金曜から今日までは、新潟オフィスでの営業日でした。

お庭では、今、ローズマリーの花が満開。
料理に添えたりスパイスとしてお馴染みのローズマリーですが、
花そのものを見たことありますか?
IMG_3420.jpg

ローズマリーは、もとは海岸近くに生育し、小さな青色の花をつけることから、
ラテン語で「海のしずく」という意味の学名(ros+marinus)に由来します。

昔むかし、悪魔を追い払うための香として焚かれたことから、
のちに病気の感染を防ぐために用いられるようになったそうな。

まさしくその通り。
ちょっとツンとした香りですが、
この「ツン」が、どよよーんとした鬱屈感を取り払ってくれます。

気持ちがふわっとなるリラックス系というよりも、
クリアですっきり、「よしやるぞ!」と元気になる香りです。

さらには頭もはっきりさせてくれるので、
集中したい時や低血圧でぼんやりしてしまう時もいいかも。
夜よりも朝向きです。

新しいスタートで緊張感が伴う4月とはうって変わり、
5月は春らんまんな季節なだけに、ちょっと緩慢になりやすい時期。
そういう時にローズマリーは花を咲かせ、人を近くに寄せ、
可憐な様子とは裏腹な香りで、しゃきっと目覚めさせてくれる。

この季節に花を咲かせるのにも、きちんと意味があるんだなぁと思いますね。

アロマテラピーの研修も先月無事に修了しました。
どんな効果があるのかはもちろんですが、
植物の持つ偉大な力や歴史的な流れなども学び、
かなり濃い半年間を過ごすことが出来ました。

私が吸収したことは、すべてお客様に還元できると思っております。
思いついた香りのことも、タロットやバッチフラワー同様に、
少しずつブログにしていくので、どうぞお楽しみに。

新潟オフィスは毎週金曜と第2週土日の営業日ですが、
いらっしゃったらぜひ、ローズマリーの香りを楽しんでみて下さいねー!





チャレンジ!

2012年11月22日 21:57

先月から、新しい挑戦を試みています。
東京にて、アロマテラピーを習い始めました!

正直なところ、
私の手技には必要ないかな~・・・と、
思っていたジャンルです。

しかし!
必要なものは、必要なタイミングでやってくるのですね。

昨年の3周年キャンペーンで、
タロットカードをイメージした、
オリジナルのスペシャル・アロマオイルを作ったところ・・・

俄然アロマテラピーに対しての興味がむくむくと!!

その後、素晴らしいタイミングで、
素晴らしいエッセンシャルオイルとの出会いを
果たしてしまいました。

農薬・化学薬品を一切使わずに育てた、
医療に使用できるくらいのグレードの高いオイル!

体に直接塗ってもイイ、さらには飲んでもイイ。

それだけ聞いても眼からウロコだったのですが、
実際使ってみても、びっくりするくらい。
(今のところは実験段階なので、その効果はまた後ほど)

人間の五感、見る・聴く・触る・味わう・嗅ぐのうち、
嗅ぐ行為の嗅覚のみが、感情や記憶などを司る大脳辺縁系に直接届くとのことです。

つまりほかの4つに比べて、香りから受ける情報は、
ダイレクトに人の感情にアプローチするということ!

なるほど!
だからブルガリ・プールオムの香りを嗅ぐたびに、
アイツを思い出すのですねっ(笑)
ブルガリ・プールオム



そんなこんなで、この週末はまた東京へ!

イチ生徒として学ぶのは久々なので、
これまた初心を思い返して新鮮です。

この手技を学ぶことで起こる、自分の変革もまた楽しみです!