FC2ブログ

新元号

2019年04月01日 18:23

今日、新元号が発表されました。
「令和」

なんて清々しい響きを持つ言葉でしょう。

昭和生まれの私は、『平成』に元号が変わったときは高校生でした。
当時は「あー、学校が休みになるといいな」くらいの
不届きな気持ちを持つことしか出来なかったアホな子供でした。

「令和」は万葉集からの典拠とのこと。
実は大学時代、私の専攻は「万葉集」で、それもなんだかぐっときます。

書庫を探してみたら、当時重宝した万葉集の資料が出てきました!
「令和」の典拠となったページはここ。
manyoushu_5.jpg
時は、新春の良き月で、空気は爽やかで風はやわらかく、
梅は女性が鏡の前で使う白粉のように白く咲き、
蘭はほのかに香りを香らせている。


典拠として紹介されているのは、一行あまりなのですが、
梅の花を愛でる宴会前に集った方たちに告げられている文の一部を抜粋したもの。
この序文、ワタシ的には乾杯前の一言みたいな?印象があります。

季節もいいし、梅の花もきれいだし、上司がいい酒を差し入れしてくれたし、
どれいっちょ、みんなで梅の花で歌を詠んでみようぜ!


きっとその日はウザい上下関係や面倒くさい嫌な同僚の関係も水に流して一同に介し、
梅の花、つまり人間の力が及ばない自然の持つ力強さや美しさを愛でて、
誰もが平等で心地よいひとときを過ごしている。

そんな場面が浮かぶのです。
そういう時代になっていくのかな?



万葉集は、その時代時代の天皇、皇后、貴族や一流歌人に混じって、
「詠み人知らず」の一般庶民までの歌がずらりと4500首収められています。
技巧などをまるっきり使っていない庶民の歌のほうが、ほとばしる感情がストレートに伝わってきて、
今を生きる私たちも、1400年前の人々も、人間って同じなんだなと感動します。

昭和、平成、令和と時代を重ねることになり、
振り返ると人生の「躍動期」とも言えるのは、
今まさに終わろうとする「平成」だったのだなと感慨深いです。





2019年、スタート!

2019年01月05日 13:52

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

年末年始のお休みを経て、今日から2019年開始です!
今年最初のお客様はアロマテラピー・レインドロップのお客様でした。
IMG_0242.jpg

県内の遠方からお越しの方なのですが、
「雪がない!全く無い!!」と、互いにひと盛り上がり。
まずは新年の最初の挨拶は雪ネタからです。雪国あるある(笑)
雪がないのは助かりますが、でも晴れているわけでないのが日本海側のお天気・・・。


こんなどんよりお天気も吹き飛ばす勢いで、
本年も、タロットとアロマとともに、皆さんの心と身体のお手伝いをしていきたいと思っています。
2019年も、どうぞよろしくお願い致します!





アコガレの人に会う

2017年11月12日 23:29

ふとしたことがきっかけで将棋を始めて、半年以上がたちました。
20171112221855804.jpg

歩兵「ふひょう」角行「かくぎょう」と知ったのも、初めてでした。
もちろん駒の動かし方なんてわかりません。
全くのド素人からのスタートです。

複雑なゲーム性が面白くもありますが、
実はとってもタロットとも似ているから、なお面白い!

二人でする、その場の空気を感じ取る、礼儀を重んじる、伝統が深い・・・などなど!

こんなに熱中するものに出会えるのは、正直タロットに出会って以来のことです。
10回対局して10回負けてしまいますが(私のヘボ将棋具合がよくわかりますね)、
それでも身がぴりりと引き締まり、対局者同士で作り上げていく空気感は、やっぱり好きです。



そして、全国でも160人弱しかいない棋士ですが、地元・柏崎市出身の方がいるのです!
そしてそして、私の小・中・高の1学年先輩なのです!

そんな才能を持っている方がいたなんて、実は将棋を始めてから知ったのですが(汗)


けれどもすごいご縁です。
応援しますよね!?するしかないですよね~!

会いたくなりますよね!?
すごーく会ってみたくなりますよね~!


ですので、会ってきました!
20171112224748392.jpg
近藤正和六段!
センパーーイ!


実は偶然にも、柏崎市内で指導対局が開催されることを知り、参加してきたのです。
指導対局は、こんな感じで行われていました。
20171112225801984.jpg


的確で丁寧な指導で、さらには盛り上げ上手な近藤六段!!
指しながら「それはとってもいい手ですね~」なんて言われちゃうと、
なんだか私、一気に初段くらいまで、うまくなった気持ちになりました。

気持ちだけはね・・・


近藤六段は明るく気さくで、
私が図々しく「実は後輩なんです」と伝えると、
いろんな思い出話を披露してくださいました。

棋士の方は、とてつもないシビアな勝負の世界で生きていて、
私なんてぼんやりと想像するしかないのですが、これからも頑張ってほしいです!!

ちなみに将棋できる方、対局者募集です。
ハーミットブルー将棋部作るかな(笑)





7月16日、10周年

2017年07月16日 08:24

地元・柏崎が震源地となった中越沖地震から、早いものでもう10年が経ちました。
今日は市内でメモリアルイベントが行われます。

中越沖地震で、私の家も全壊・・・。

家

正面

IMG_0180.jpg

祖母が家屋の下敷きとなり、奇蹟的にほぼ無傷で無事に救出されました。
まさかこんなことが起こるとは。

生と死が表裏一体であることを、この日ほど強く意識したことはありません。
大変衝撃的でした。




衝撃、というと・・・
地震が起こる半年くらい前、
実は私は生まれて初めてマルセイユ・タロットに出会ったのです。

「占い」と思っていたタロットが、実は違った!
私にとってはかなり衝撃的で、その面白さと奥深さにすっかり魅了され、
取り憑かれたように、独学で勉強を始めたのでした。

でも本から得る知識は、単なる「情報」の集積に過ぎず、智慧にはならないのです。
わからないことは、わからないまま・・・。

そして中越沖地震。
自分の存在が、いかに危ういものの上に成り立っているかを、まざまざ身をもって体験し・・・

大事なもの、無意識のうちにずっと普遍的に続くと思っていたもの、
それらが一瞬で全て無になる。

「マルセイユ・タロットのことを知らないまま、死にたくない!」

散々な状況の中で、強く思った私は、
その年の10月に一念発起して銀座に向かい、イシス学院でタロットを学び始めたのでした。


ですので中越沖地震は、私の人生において、強烈なターニングポイント。
あの時の経験と思いがあったからこそ、こうして今の自分がいると言っても過言ではありません。

少しは恩返しを出来ているかな?



あいにくと、今日は東京のイシス学院で講師をするため地元・柏崎にはいませんが、
(正直この日にイシス学院にいるのも、なんだかものすごい縁を感じてしまう)
色々な思いと共に、この日を過ごしていきたいと思っています。

明治まんじゅう、最後の日

2017年05月31日 19:14

今日で、柏崎市内の老舗菓子屋・美野屋さんが閉店・・・。

柏崎銘菓といえば、これ!!美野屋さんの元祖明治饅頭です。
20170531184346949.jpg
ふんわりしっとりの皮に、白インゲンのあっさりした白餡のおまんじゅう。
私、これが大好きなんです!!!!!

もう二度と美野屋さんの明治饅頭が食べられなくなるかと思うと、
閉店のお知らせがあった2月から、一生懸命食べ続けました。(欲張り)

柏崎市民のDNAには入っていますよね?美野屋・元祖明治饅頭成分が(笑)

大学時代、母親が野菜やら何やら送ってくれる荷物の中には、
絶対!!!!この、5個ひとパックの明治饅頭が、
いつも5袋(つまり25個・・・)入っていました。

甘いものが大好きな私。
そんな私に母は、おまんじゅうのセロファンに水蒸気がついた、
作りたてふかふかのものを送り続けてくれていたんですね。

その明治饅頭を、まずはひとパック5個をかる~くペロリと一気に食べ、
残りは冷凍して、大事に大事に食べていました。

私にとっては、大好きな甘いものという以上に、
ふるさとと母親の思いを感じさせ続けてくれた、
かけがえのない「甘いもの」なのです。

正直なところ、仲良し親子とはいい難い母親との関係だったのですが、
でもね、なんだかね、明治饅頭が繋いでくれていたというか。

こんな風に、思い出は歴史になっていくんですね。


明治饅頭、フォーエバー!!!

冷凍庫の明治饅頭、大事に大事に頂きます。