8月生まれのLuckyワードは

2009年08月28日 21:31

地元のフリーマガジン「かしナビ」にて、
生まれ月ごとに運勢をタロットカードで占っています。

例えば2月生まれなら・・・

   仕事に対して意欲と熱意がわくとき。
   あなたの笑顔でお得意先が増えるかも!?
   携帯電話はマメにチェックして。 
   Luckyワード☆コンビニエンスストア


のように。


「かしナビ」を見た8月生まれの友人からメールが届きました。

「Luckyワードが『観劇』とのこと。
早速YouTubeで
『ヒデキ感激!』
動画を見ておきました。
幸せになれるかな?」


なれますとも!


アスカも観劇、いえ感激☆
関連記事

「SERRURIE(セリュリエ)」にて

2009年08月25日 22:52

すっごく好みのパティスリーを見つけました。
愛知県東海市のSERRURIE(セリュリエ)

思わず通り過ぎてしまいがちな、
ひっそりとしたした店構えが逆に好感が持てます。
店内も、ケーキ店にありがちな『幸せハッピー系』な色使いをしておらず、
とてもシンプルです!
こういう媚びてない感じが好きです。

セリュリエ

ケーキの飾りつけもとてもシンプル。
ショートケーキ、ピスターシュ、ラクリマの3個をチョイスです。

ケーキの形を保つために使用するゼラチンを
ぎりぎりまで減らしているまたは使っていないそうで、
口溶けがとてもなめらかです!
すぅ?っと溶けていく感じ。
けれども味わいが薄いというわけではありません。

どれもおいしかったのですが、
キャラメル、煮リンゴ、シナモンと私のツボをがっちり押さえた『ラクリマ』が
特に気に入りました。

余力があればもっと食べたかった!

店名のセリュリエとは、フランス語で『鍵や』だそうです。
お店は加木屋町というところにあり、どうやら

加木屋町→鍵や→セリュリエ

らしい。

おやじギャグか!?
こういうところも、好きです☆
関連記事

腕白でもいい、たくましく育て!

2009年08月22日 09:54

ハーミットブルーのカウンセリングルームをお借りしているナチュラルメディカル様で、
年末に院内で飼っていたねこ、サスケ。

サスケIMG_0825

おめめに怪我をしていた、あの子ねこです。(詳しくはこちらのブログで)

実は春先に、
素敵な里親さんのもとへ元気に貰われていったのでした。

サスケの将来を考えれば、とっても幸せなことです。

でも!
大きなエゴですけれど送り出す側としては、そりゃあもう、
心がスースーする空虚感と離れていってしまう悲しさでいっぱいでした。


そんなつらさも忘れかけたころ。
ナチュラルメディカル様あてにうれしい便りが届きました?!

サスケ1

サスケ2

里親さんのもとで元気に暮らすサスケの姿です。

高そうなねこになって?!

写真を見たときの、私の第一声はコレでした☆

今は『アトム』と名づけられていて、すくすく育っている様子。

もうあのサスケはどこにもいないのね。。。
ちょっと悲しい。

でもこの、のびのびした姿を見てください。
あのちんまりした、おどおどしていたサスケが。
こーんなに大きくなって!

喜びと嬉しさもひとしお!!
そしてちょっぴりの寂しさをかみ締めました。
関連記事

言いたくてたまらない

2009年08月20日 22:43

そうなんです。
自分の胸に溜めておくのは、もう限界なのです。

あぁ言いたい!!
これは私の根源にかかわること。

私はお台場に行って来たぞぉ?


ガンダム


ワタクシ、実は大好きなんです。
ガンダムが。
もちろんファースト世代ですよ。


すっきりしました。
関連記事

基本スタイル

2009年08月15日 09:02

タロットリーダーをやってます、と言うと
「えぇ?!?ぜひ占って?」という反応がほとんどです。

「タロットカード?占い?それってコレ?」と
目の前に水晶玉があるフリをして手を動かす。
そういう人に限って「こーんなベールをかぶるアレ」と言います。

  参考:「こーんなベールをかぶるアレ」
      ↓
占い師
    

ベールをかぶった人と水晶玉、
これをセットにして想像するのは男性に多いような気がします。

ま、分かりやすいといえば分かりやすいイメージです。
ですがその言葉の根っこには、おふざけや揶揄が含まれていることが大半で、
正直ちょっとカチンときます。

実はあのベールには、きちんと意味もあるのですよ。
やって来るクライアントさんの『気』をまともに受けないように、
バリアーを張っているのです。
水晶玉は魔よけの象徴なので、これもまた同様。

ですがおそらくこのスタイルは、ン百年も前のお話です。



明るく!
健康的に!
さわやかに!

を、心がけて身に着けるものはチョイスしていました。

この21世紀の世の中で、
ベール&水晶玉の姿で活動しているタロットリーダーは全く見たことがありません。
逆にいたら絶対引くよねっ!??

ですが、あまりに何度も「こーんなベールをかぶるアレ」を言われると、逆に

しなくちゃいけない!
してみたい!

と、いう気になるのは不思議なものです。

たまにはこういうスタイルもチャレンジしてみようかしら。
関連記事

と、呼ばないで

2009年08月12日 09:39

ハーミットブルーの問い合わせは、
ホームページの予約フォームからと電話からと、2パターン。

電話での問い合わせで、よく言われるのが「アスカ先生!」

せ、せんせい!??

「先生」と呼ばれるのは、
すごーく昔に家庭教師のアルバイトをしていた以来です。

ワタクシ、かなりの熱血家庭教師でして(笑)
教え子の生徒さんと、泣いて叱って、そして一緒に笑って、
そりゃもう、今思うとかなり暑苦しい指導をしていたんです。

「ここわかりませーん」
「よっしゃあ!それはこうこうこう、こうだー!!」

たまに、
「ここわかりませーん」
「よっしゃあ!むむっ!??・・・・・・ごめんね、今度調べてくるね」
ということもありましたが。

その時も、少なからず違和感を感じていました。
「先生」って呼ばれることで、
生徒さんと私とのラインが無理やり引かれる気がしてて。


状況は変わりましたが、想いは今も変わりません。

クライアントさんが持っているものを共有することで、
私も学び気づかせていただいています。

クライアントさんと同じ目線に立っていたい!
一緒に泣いて笑いたい!

やっぱり暑苦しいかもしれませんが。
関連記事

「風と共に去りぬ」

2009年08月09日 09:37

映画でもちょ?有名な「風と共に去りぬ」を読みました。
たまたま思いつきで手に取った本でした。


風と共に去りぬ (1) (新潮文庫)風と共に去りぬ (1) (新潮文庫)
(1977/06)
マーガレット・ミッチェル

商品詳細を見る


舞台は南北戦争時代のアメリカ南部。
他人なんて何のその!自己チューでわがまま放題のお嬢様が
やがて己を知り愛を知り、成長してゆく物語です。
 ↑
かなりざっくりと説明。。。


ヒロインのスカーレットは、
逆位置での『3.女帝』のカードそのもの!

03逆

派手好きで見栄っ張り。
うぬぼれ屋で、自分が中心でないと気がすまない。
男性をふり回すのが大好き。

好きか嫌いか、
かなり意見が分れるキャラクターではないかと思います。

確かに当てこすりで結婚したり妹の恋人を奪ったり、
まぁ、確かにすさまじい(笑)。

だけど自分が欲しいものに対しては、
棚ボタを期待して待っているのではなく、
自分の意志で行動して、手に入れているんですよ!
強い信念も感じます。

周りの人たちはかなり迷惑なのですけど、
ここまでやってくれるといっそのこと潔さすら感じてしまうのです。

だから私は結構好きなんです、スカーレット。

結局物語の終局で、
本当に大事なものにようやく気がつくのですけど、
時すでに遅し。。。

すでに『負け』であるのに、それをなおかつ認めずに
「すべては明日考えよう」
と、泣きながらにでも前に進もうとする。

この姿勢!
見習いたいものです!!

ただし全5巻はちょっと長すぎでした☆
関連記事

穏やかに優しく

2009年08月06日 16:26

クライアントさんの予約があってもなくても、
タロットカードには毎日触ります。
それはカードとのコミュニケーションでもありますが、
自分自身へのリーディングは非常に良いサンプルにもなるため。

でもこのところ、実は『自分リーディング』は避けていました。

たまにありません?
とある友人と些細なことがきっかけで、
会うのを避けてしまったり、もらったメールの返事を延ばしてしまったり。

タロットカードは「鏡」です。
見たくないものを時には見せ、事実を突きつける。
本当はそれが自分自身の中に眠っている「答え」なので、
納得もするし、だからこそ受け容れる。

「答え」を手に入れられれば、そこでまた新たな道が開けます。

それはわかっているのだけれど、ちょっと明確にしたくない事柄があって、
自分の中でずっと曖昧なままにしておいたのです。。。


結果。
腐臭がするくらいの発酵具合で、いやはや、参りました(笑)
留めておくのはやっぱり苦しいですね。

なので重い腰をあげて、
ようやくタロットカードたちに聞いてみることに。


自分リーディングで、
ひときわ強い印象をはなったのは 『9.隠者』
09_隠者

私自身が目指すカードでもあり、
タロットカード全体を象徴するカードでもあります。

「自身の内側の声を聞くのぢゃ」

右手に持っているランプの光で、
温かく出迎えてもらえました。

ほんとはね、怒られるかと思って
びくびくしながらカードをめくったのでした。

自分の立ち位置を再確認でき、
これでいいんだな、と思えたリーディングでした。
ちょっと涙ぐみました☆
関連記事

きっかけ

2009年08月04日 13:51

タロットリーディングをする人しない人、
その差は何だろうってたまに考えます。

迷いや悩みをタロットカードに導いてもらう、という方法を思いつかない・・・
というのが、まずあるとは思いますが。

大変嬉しいことに、
「チラシを見て、これしかないって思って来ましたー!」
と言ってくださったクライアントのAさん。

ある場所に置いてあるチラシでも・・・

それを目にする。手に取る。そして連絡をする。
いくつもの選択があるはずです。


06.jpg

『6.恋人』
恋愛関係はもちろんですが、
「選択」という意味が強いカードでもあります。
地上の人々は、だれも天使の存在には気づいていません。
天使の「矢」が当たると、
すなわち何かのきっかけまたは気づきにつながります。


ご縁のきっかけなんて「ひかれる」「ひかれない」という、
非常に曖昧なものなのではないかと思います。

ですが実は、その曖昧なものの正体って、
天使の矢が当たっているのだと思うんですよ!
私たちの知らないところで。
関連記事

喪失感

2009年08月01日 21:03

以前届いた「ねんきん特別便」を探していたら、こんな写真を見つけました。

ミミ2

ミミ1


数年前、ちょこっとだけ飼っていた子ねこ。
偶然嵐の日に出会い、放って置けなくて連れてきてしまったのでした。

私が出かける度に「置いて行かないでニャーッ(たぶん)」と鳴いていたなぁ
目玉焼きと甘いパンに敏感に反応してたなぁ
いつも鼻水たらしていたなぁ
入院費と治療費で8万円かかったなぁ
車のシートにうんちされたなぁ

当時の私の住まいはペット禁止だったのですが、
なんとかこっそり飼っていたのでした。。。
ですがそれも限界があり、
今は里親さんのもとで、たぶん元気にしていることでしょう。

写真を見ると当時の楽しかったことを思い出して、
思わず涙ぐんでしまいます。

実はね、今でも後悔してるんです。
このコを手放してしまったことを。


13_名前の無い13

『名前のない13』
死と再生を象徴するカード。
未練を断って新たな自分に生まれ変わる。

カードに描かれている大きな鎌は、
今までの自分をばっさり断ち切ること、
さらにはその過程で発する痛みも象徴しています。


もう何年も経っているというのに、
このコの件はいまだに私の中で尾を引いたまま。。。

痛い。痛いんです。
でも痛がっているだけではだめなんです。
いい加減に、次のステージに行かないとー!!

でもきっと、それも遠くはないと思っています。
だって笑顔で写真を見る事が、今日はできたのですから。


そして「ねんきん特別便」は見つかりませんでした。
とほほ。。。
関連記事