パーソナル&ソウルカード

2012年01月29日 00:48

大事な人や家族、または仕事でかかわる方など、
キャラクターさえ知っておけば、
さらにスムーズに、
より良いコミュニケーションが図れると思いませんか??

そんなとき、パーソナルカード&ソウルカードが、
大変役に立ちます。

外からみた印象や社会的な立ち場などを示すのが、パーソナルカード
その人本来の心のあり方を示すのが、ソウルカード

この2枚のカードたちは、
お誕生日から出会うカードですので、
一生変わることがない、とっても特別なカードたちです。

例えば・・・
ソウルカードが『1の仕事師』の方。
仕事師
新しいもの好きで、とてもフレッシュな感性の持ち主。
でもちょっとドジっ子。

パーソナルカードが『14の節制』の方。
節制
「癒しの天使」的存在。
周りの人達を、ほっと和ませる魅力を持つ人。

と、いうように。

アスカは初めて出会った人には、
さりげなーく誕生日を聞き、そしてこの2枚のカードで、
その人のキャラクターを探ります。

だってその人がどんな人なのか、知っておいて損はないですよね。
「なるほど!」と思ったり、ニヤリとほくそ笑んだり。

そして傾向と対策を練る!!(笑)


L'HERMITE BLEUハーミットブルーでは、
この2枚のカードのリーディングは、
通常有料オプションとなっております。

来月2月から始まる、ウインターキャンペーンでは、
これらのパーソナル&ソウルカードのリーディングをサービスしちゃいます!
気になる人のキャラクターを知るヒントになりますよー。

2月1日のブログで詳しくご案内致しますので、
ぜひお楽しみに!!

そのため「2月のマンスリータロットMonthly Tarot」は、
1月31日にお伝え致します。
こちらもお楽しみに!

関連記事

バッチフラワー「ロックローズ」を飲む

2012年01月27日 00:27

階段から落ちました。

「とうっ!」と3回転して、
手をあげて着地できればかっこよかったのかもしれませんが、
あいにく私は一般人。

2時間ドラマの死体のようなポーズで、
しばらく動けませんでした。
かなり痛かったけど、でもほぼ無傷です(笑)。

けれどもそれ以来、
あらゆる階段がとても怖くなってしまいました。
降りるとき、どきどきして身がきゅっと縮こまる感じがします。

日常、と意識しないくらい、日常的な場所で、
「うわっ!!!」
という、非日常的な気持ちを味わったためでしょう。

死体のようなポーズで動けなかったのも、
痛みよりも心の「うわっ!!!」が勝って動けなかったのでした。

こんな時は、バッチフラワーのロックローズが助けになります。
26_ロックローズ

ロックローズは、「強い恐怖」の気持ちにアプローチします。

「怖い」と一概に表現しても、
その状況などで感じる「怖い」は、全く違います。

ロックローズが必要なのは、
予期していなかったことに直面してしまった時に感じる怖さ、です。
なのでパニックを起こしたり、ヒステリックになってしまったり。

今回の私のように!

バッチフラワーセラピーでは、
「今」感じている感情に対して
最大7種類のバッチフラワーレメディーをセレクトし、
トリートメントボトルをご提案して、飲用して頂きます。
bottle_20120127000352.jpg
左の茶色のビンがトリートメントボトルです。

ロックローズは緊急用の特別なレメディー、
レスキューレメディにも入っています。
パステル

ロックローズは、
「アレが怖い!怖すぎて動けない!どうしようー!!」
という、とてつもないピンチな時に飲んでいたので、
主にレスキューレメディーで対応していたのです。

今回のように、トリートメントボトルに入れて
まさか普段使いするとは思っていませんでした。

しかも、その対象が「階段」だなんて。
でもどきどきしちゃうくらい怖いんだもの。今は・・・。


だけど階段から落ちるときって、
ほんとに
「どどどどど~っ!!」
という音がするものなんですね。

身を持ってよーくわかったわ☆
気をつけます!


関連記事

2月の営業日のお知らせ

2012年01月25日 00:02

2月の営業日の予定を、HPのスケジュールにアップしました。
大変遅くなってしまい、申し訳ございません!

9月より東京での研修がスタートしたため、
東京オフィスでの営業日&営業時間等が変更となりました。
第2週土日営業から、今後は第3週土日になります。
東京オフィスでの平日の予約受付時間は変更ありませんが、
土日は18時以降のみとなります。

また新潟オフィスでの営業日も変更となります。
営業日が第3週土日営業から、今後は第2週土日に変わります。
不定期での平日営業を行なっておりましたが、
施設の都合上、冬季12月~3月は土日のみの営業とさせて頂きます。
その分営業時間が長くなりましたので、よろしくお願いいたします。

そのほかの週末と平日は、
柏崎オフィスでの営業日となっております。

また2月から、ウインターキャンペーンがスタートします!
L'HERMITE BLEUハーミットブルーの毎冬恒例となりました、
あなたの恋するハートを応援しちゃうキャンペーンです♪
どうぞお楽しみに!

============
2012年2月 
新潟オフィス 営業日
 ◆11日 土曜
 ◆12日 日曜

東京オフィス 営業日
 ◆17日 金曜 
 ◆18日 土曜
 ◆19日 日曜
 
 L'HERMITE BLEUハーミットブルーPCサイト★スケジュールはこちら
http://www.hermitebleu.com/scedule
============

関連記事

進む道

2012年01月23日 22:08

土日は、東京での講義の受講&東京オフィスでの営業でした。

土曜に提出のレポートで、
先週はいっぱいいっぱい!!

このレポートは、講師として、
教えることをまとめた『教案』というものです。

正直なところ、
土曜日は提出できた充実感でいっぱいだったのですが、
講義を受けている際に、
自分自身が、とても大事な事を見落としていたことに気が付きました。

「教案」を作る目的は、
提出するためのものではなく、
私自身がどうやって教えてゆくか、その土台をまとめるもの。

「ここだ!」と目指したゴールの位置が、
今回大きく違っています・・・。

自分の時間的な余裕のなさに反省もしましたが、
この基本的な誤りには、もっと強く反省です!!


今回は、意識と無意識と
そして心と体と魂に染み込ませるため、
手書きでの教案に挑戦してみました!

教案

A4ノートが一冊まるごと教案になり、手が壊れるかと思いました・・・。
きっと火事が起こっても、コレは持って逃げるに違いなーい!!
けれどもまだまだ、完成には程遠い。

確かに余裕のない日々を過ごしましたが、
タロットにどっぷりつかれて、実はかなりシアワセ☆
こちらの世界に、戻ってこれなくなったらどうしようってくらい(笑)


次回の教案提出は、再来月の3月です。

今度は手書き&実践用と2種類を用意すること、
そして1週間前にはきちんと終わらせておくことを、
ここで宣言します!!


関連記事

パンダを喰らう

2012年01月18日 23:22

お客様より、こんなカワイイおやつを頂きました!

パンダ焼き

パンダ好きにはたまらないお菓子です~!

弥彦名物、分水堂菓子舗のパンダ焼きです!

「ニッポン全国ご当地おやつランキング」の第1位になったそうで、
それ以来、行列ができて大変な賑わいだそうな。

どこから食べていいのか悩むのは、たい焼き以上ですね。

私は下半身、左足からガブッと頂きました。
もちもちしてて美味しい!

ごちそうさまでした!

関連記事

静寂と静謐と

2012年01月16日 04:57

こんな時間に起きていると、
まるで世界でひとりきりのような錯覚に陥ります。

先程ちょこっと外へ、
道なき道を散歩に行って来ましたが、
お店のネオンも点いているし、車のライトも動いている。

夜道

よかった。
世界も地球も動いている(笑)。

外は細雪でした。


今週末は東京オフィスの営業と、
講義の受講が待っています。

土曜日提出のレポートが、
今現在21枚だっつーのに、終わる気配がありません。

夜が明けそうで、だけどもうちょっと。
まるで今の私のようです。

関連記事

★歳のイヤーカード

2012年01月14日 23:45

タロットカードには、誕生日から翌年の誕生日までの1年を示す
「イヤーカード」というカードがあります。
このカードはその年の使命や目標を司り、
また出来事や可能性も示します。

先日誕生日を迎えたので、イヤーカードが新しくなりました!
私の★歳のイヤーカードは『15の悪魔』。
悪魔

「とらわられる」が、キーワードになるカードです。

「囚われる」のか、「捕われる」のか。
「とらわれる」のか、私「とらわれる」のか。

「もうダメ~っ!」なくらい、誰かにめろめろになっちゃう!??
それとも私が、誰かをめろめろにしちゃう!??
あるいはカリスマになっちゃうとか!??

欲望のなかで、自分自身が試されるカードです。

すごく刺激的な1年になりそうです!!
これから展開してゆくことが山積みなので、とても楽しみです。

また、『15の悪魔』はセクシャルなカードでもあるので、
露出多め&短いスカートを履くことを心がけようかしら(笑)


イヤーカードのポイントは、
「自分自分が、このカードになる」と決めてしまうこと。

そうすると、次の誕生日までの1年の間で迷うことがあっても、
方向性が見えているため、ブレにくいのです。
何かが起こったとしても、
常にそばで支えてくれるカードになります。


L'HERMITE BLEUハーミットブルーでは、
1年以内にセッションを受けたお客様に対し、
お誕生日プレゼントして、イヤーカードリーディングをサービスしております!
届いたら、ぜひご活用してくださいね!!

関連記事

「ありがとう」の日

2012年01月12日 23:51

先日誕生日を迎えました!

デコメでおめでとうメールが届いたり、お花やお菓子を頂いたり、
大好きなショコラショップ『ピエール・マルコリーニ』の
10周年記念トートバッグを頂いたり。

birthday2012.jpg

IMG_1923.jpg

マルコリーニ(1)

マルコリーニ (2)


友人からもらったカードに、

『流れていく時間を共有できて嬉しい。
あなたが生まれてきて「ありがとう」と思う』

・・・泣きそうでした。ぐっと来た!


毎日のなかで、もがいたり挫けたり。

時に折れちゃう時もありますが、
けれどもこうして、私は立っています。

手を差し伸べてくれる方たちがいて、
そして私のタロットとバッチを必要としてくれる方たちがいて、
だからこそ、また立ち上がれるんだなぁと思いました。

そういう想いを確認できる、大切な大切な一日でした。
ほんとに感謝です!



タロットカードには、誕生日から翌年の誕生日までの一年を示す
「イヤーカード」というカードがあります。
このカードは、その年の課題や使命などを表します。

誕生日を迎えたので、イヤーカードも新しくなりました。
わくわくするようなカードです!

アスカのイヤーカードについては、
また後日お伝えしますね。
お楽しみに!

関連記事

「謙虚さ」のタロットカード

2012年01月10日 23:25

猫のちまきに、噛まれました。

かぷっ☆

なーんていう、カワイイものではありません。

下唇の内側を・・・

ちまきジャンプ1

ちまきジャンプ2

ガブーーーーッ!!!

と一撃。


アスカ、喀血!??

というくらい、口を抑えている手の隙間からも、血が滴り落ちるほど。
痛みを感じるよりも、驚きのあまり茫然とするだけ・・・。


単純に、ちまきと遊んでいただけなのですが、
私が『遊び』と思っていても、
それはあくまでも人間が一方的に思っているだけで、
ちまきにとってみたら、それは『狩り』の延長なのですね。
本気でかかってくるのも、当たり前です。

激しく反省です。
ちまきは決して悪くない。
覚悟のない、私が悪かった。

とってもデリケートな場所だし、
すっごく痛いし、腫れて目立つし。

けれども、ちまきに平謝りですー!



そこでふと、思いました。

例えば・・・、
同じようなことを誰かにされたら、
私は「自分が悪かった」と、そう思えるかしら?

状況はさておき、
痛みや傷や、ショックな気持ちばかりを盾にとって
「悪いのはお前だ~!!」
と、一方的に指さしながら非難してしまう気がするのです。

自分より小さく、そしてか弱い者たちには「ごめんね」と思えても、
それ以外に対しては、
なぜ冷静さを失い、傲慢になってしまうのでしょうね・・・。
悲しいなぁ。

『17の星』
星
驕り高ぶることなく、自分より相手を思いやることができる。
「謙虚」を象徴するタロットカードです。


ちまきに、このカードを教えられました。

今のアスカは、
唇の内側に「U」の字の傷を持つオンナ・・・


関連記事

2012年、スタートです♪

2012年01月06日 23:51

本日、L'HERMITE BLEUハーミットブルーは仕事始めでした!

2012年の最初のお客様は、
南魚沼市よりいらっしゃってくださいました。

前回お会いしたのは、初夏のころ。
今日はお天気の悪いなか、
遠くからお越しくださって感謝です~!

お客様より_7

「ずっとずっとウジウジしていたのですが、勇気が出ました」

と、嬉しいお言葉をいただきました!

タロットカードが背中をそっと押してくれた・・・、というよりも、
「さぁ行くぜ~!」と、びゅ~んと連れ去ってくれたような(笑)

キラキラ輝く笑顔が素敵でした!

今年も、皆さまの笑顔がたくさん見れますように♪
2012年もよろしくお願いいたします。


関連記事

『風が強く吹いている』

2012年01月04日 22:51

スノーボード三昧のお正月を過ごす予定だったのですが、
それも叶わず。。。

なので、この時しかない!と思って、
年末から読んでいた本がコレ。

三浦しをん『風が強く吹いている』

風が強く吹いている風が強く吹いている
(2006/09/21)
三浦 しをん

商品詳細を見る


個性あふれる学生たちが箱根駅伝を目指す、
純度100パーセントの疾走青春小説です。
(このウケるキャッチコピーは、そのまま本の帯より使用・・・)

全編を通してマンガチックな描写とキャラクターで、
それが読みにくかったり、先が読める安心感にもなったり。

だけど・・・、

こんなふうなら私も走れるじゃん!?とか
ランナーになって体脂肪率10パーセント切れちゃうじゃん!?とか
お正月早々安易な夢を想像、いいえ、妄想してしまいましたよ~。


体を動かすのは好きでも、ランニングだけは絶対イヤ!!
スポーツジムに行っても、ランニングマシンは絶対乗らない!!

という私に、
走るのって楽しそう!と、思わせた本でした。


おかげで今年の、
「リアル箱根駅伝」はとっても楽しめました~。

関連記事