「別の観点」のタロットカード

2012年09月06日 00:58

まだ暑くなる前、
私の友人が、告白の返事待ちで、
そりゃあもう、悶々とした日々を送っていました。

待つのも待たされるのも、
一分一秒という単位は、皆平等に訪れます。
でも、心的な「時間の長さ」は、
かなりの個人差がありますよねー!

その友人と会う度に
「返事もらった?」
「まだ・・・」
のくり返し。


自分自身で、どーにもこーにも動けない友人。
まさしく『12の宙吊り』のタロットカードです。
宙吊り
あらら、苦しそう・・・。


ですがある時、

「今、待つ時間は一生のうちのほんの一瞬!
だからいつだって待てるさっ」


とその友人が言い切った時、
私は眼からウロコがぽろり。。。

『12の宙吊り』には、
逆の発想、別の観点から物事を見る、という意味もあります。

せっかちな私は、待つのが大の苦手。
待つと気持ちが揺れるでしょ?
それが、ほんっっっとーに苦しい。。。

しかし、友人のように、
「今の一瞬」ではなく「一生の一瞬」と、
大局的に見ることが出来れば、
苦手な「待つ」という行為も、
楽しみながら出来る気がします!

友人の言葉に、思わず拍手喝采!
私も『12の宙吊り』の、逆の発想ですね。


友人のその後・・・、
その告白した方とはザンネンな結果だったのですが、
今は別の素敵な人とお付き合いをしています。

別の見方ができるようになったからこそ、
今のお相手サンとも順調なのねー、と思っています!




関連記事