ペパーミントの香り

2013年09月27日 20:44

すっかり秋モード。
暑かったこの夏は、ペパーミントのアロマオイルが大活躍でした!

ペパーミント

アレルギー体質の私は、
単なる虫さされが大きく腫れ、やがて水ぶくれとなり、
そして痕になってしまいがちです。

活動量が多いのか、はたまた体が健康になったのか、
(私は後者と思っている)
この夏は、虫に刺されることがかなり多かったです。

刺された直後や痒い時、
ペパーミントのアロマオイルをすぐに塗り塗り。
スーッとした清涼感とともに、痒みも引きます。
しかも痕に残らない!
ですが刺激が強いため、使う際にはちょっと注意が必要です。

このペパーミントのアロマオイルは、
喘息持ちの私にとって、なくてはならないオイルのひとつ。
咳がひどくて、肺のあたりがムズムズする時は、
胸のあたりに刷り込みます。
気がつくと咳も止まり、呼吸が楽になって大変助かります。

直接飲んでもスッキリするので、飲み過ぎや食べ過ぎなどで
ちょっと胃がツライ・・・という時にもオススメです。

肉体的にも便利に使えますが、もちろん気持ちにもアプローチ!
ぼーっとしてやる気のない時や、悩み事などで集中できない時など、
「今やるべき最前の事」に対し、その刺激的な香りで、
前に現実に、ガッツリと目を向けさせてくれます。
おかげで徹夜仕事の時など、
何度このペパーミントの香りに助けられたことか・・・。

そんなパワフルさを持つペパーミントですが、
その生え方自体も、とってもパワフル!
ちょこっと植えていたらどんどん増えてしまい、
他の植物を圧倒してしまった・・・と言うこともよく耳にします。

それだけの強さを持っているからこそ、
あの刺激的な香りがするのですね。
例え悲しみに支配されていようと、
「今」に集中させ、立ち上がらせてくれる香りです。

新潟オフィスのお庭でも、あちこちに生えていますので、
ぜひその力強い姿をご覧くださいね~!



<注意>
私が使用しているアロマオイルは、
直接塗ったり飲んだり出来るものです。
一般に販売されているものとは、異なった使い方をしております。
お手持ちのアロマオイルをお使いの際は、
その取扱書に沿ったやり方でお楽しみくださいませ。





関連記事

にじみ出る

2013年09月25日 10:58

先の週末は、銀座でのイシス学院での講義でした。

日曜は初級コースの最終日。
修了したお祝いに、ちょっとした懇親会があります。

その席でひとりの生徒さんに、
「タロットが『すごく好き』って気持ちが伝わって来ますー!」
と言われました。

その時に浮かんだのが、『宙吊り』のタロットカード。
宙吊り

誰が何と言おうとお構いなしに、
好きなものに対しては、
それを目指してとことん突き進んでしまう私。
ある意味、自己満足とも言えるかも。
狭いところでじっくり熟成させるのです(笑)。

世間的には、こういう類いの人を「オタク」って言いますね。
そのタロットカードですよ~。

でもでも講師モードの時は、
その辺は控えめにしていたつもりなのですが、
いかんせん、にじみ出るものがあるのでしょうね・・・。

ですがそれに気づく気づかないは、やはりその人自身。
タロットを学んでいくと、自分自身の直観力が磨かれていきます。
その生徒さんもタロットに触れていく過程で、
私の内側に秘めているものに気がついたのでしょうね!

来月10月は、新しいクールが始まります。
そういえば、初めて講義を担当したのは昨年の10月でした。
もう1年経つのですね~!

タロットを深く濃く知ることは、自分を深く濃く知ることです。
その面白さをもっと楽しくお伝えできるように、来月も頑張ります!





関連記事

FMポート「ウイークリータロット」終了のお知らせ

2013年09月19日 23:19

FMポート(新潟県民エフエム放送)にて担当させていただきました
「ウイークリータロット」(毎週日曜午前11:15頃放送)は、
2013年9月で終了いたします。

私自身の次のステップに進むため、契約を更新せず、
準備に集中したいとの思いから決断させていただきました。

2年半前、タロットリーディングを原稿におこすという、
私にとっては初めてのチャレンジでした。
タロットリーディングの内容が適切に伝わるように、
文章をその時々で紡ぎ出さなければならず、産みの苦しみもありました。
でも振り返れば、楽しいお仕事をさせていただいたな~♪と感じています。

大勢のリスナーさんへ向けて、
私の原稿を丁寧に読んでくださったナビゲーターの野沢直子さん、
番組関係スタッフの方々には大変お世話になりました!
ありがとうございました!

次の日曜22日が最後の放送となります。
ぜひ!ぜひ!お聞き下さいませ!


FMポート 79.0MHz
「ウイークリータロット」11:15ごろ




関連記事

「知足」という言葉

2013年09月17日 23:49

今日はヨガのレッスン日でした。
習い始めてひと月ほどになります。

ヨガは以前習ったりしたこともありましたが、
なかなか続かず、もっぱら・・・
ヨガ
これらのDVDにお世話になることが多かったです。

好きな時に好きなだけできるのが、
こういったDVDの良いところ。

とっても便利!
ですが・・・同じポーズばかりで飽きてしまうんですねぇ・・・

実際スタジオで、毎回違う内容で、
先生の直接の指導を受けながらするヨガは、たまらなく楽しい!

さらに私を引きつけてやまないのは、
先生のポーズの説明の言葉ひとことひとこと。
ヨガに対する真摯な姿勢も伝わって来るのです。

「どんなステキなことがありましたか?」という、
先生の問いかけで始まった今日のレッスン日。

どんな小さなことでも、楽しいことは必ず毎日経験している。
必ずあるから探してみて。
それは自分や周りを受け入れることであり、
さらには心を豊かにして満たされる思いを味わうきっかけとなります。


ポーズの説明の合間合間に、そういったことをおっしゃっていました。
必死にポーズを取りながら聞いているため、多少の語彙の違いはあるかもですが(笑)。

上記のことは「知足(ちそく)」というのだそうです。
「足るを知る」とのこと。

あれが欲しいとか、こうしたいとか、
通常今以上のものを求めがちですが、
それ以前に、すでに満たされているんだなぁ・・・。

今、とても大きな選択肢に惑い、そして迷っている私にとって、
かなり啓示に溢れた言葉でした!

心と体がスッキリ!!
よし、行くぞー!





関連記事

In Red 10月号にて

2013年09月14日 20:35

今発売中の雑誌、In Red 10月号にて、
バッチフラワーのレスキューレメディに関する記事が掲載されています。

In Red 10

レスキューレメディは、どんな場面でも対応できるように
バッチフラワーの中の5種類がブレンドされています。
植物の力が、緊張やショック、ストレスを和らげてくれます。
私はお化粧ポーチの中に、いつも常備!

例えば・・・
試験や面接の前、人前で話すとき、
ショックなことを見た&聞いた、
歯の治療の前後などなど。
いつでも手軽に使えるたため、
世界でも最も愛好者がも多いバッチフラワーです。

In Red 10月号では、モデルの道端カレンさん、
さらには今やバッチフラワー界では、
セレブの愛用者として、アイコン的な存在となったイギリスのキャサリン妃、
このお二人がどんな風にレスキューを使っているかが掲載されています。

そしてそしなんと!
In Red 2014年1月号まで、
レスキューに関する記事が毎月掲載されます。
どうぞご覧くださいね~!




関連記事

10月の営業日のお知らせ

2013年09月10日 00:19

日差しはジリジリするけれど、風と空はもう秋色!

10月の営業日の予定を、HPのスケジュールにアップしました。
ご覧ください☆

東京オフィスでの平日の予約受付時間は変更ありませんが、
土日はイシス学院での講師のため、18時以降の受付となります。

新潟オフィスは、第2週土日の営業日のほか、
毎週金曜の営業を行なっております。

柏崎オフィスは、平日と第1&4週の営業日です。

不定休でお休みをいただいております。
またキャンセルが出た場合も、
スケジュールのページに、その都度更新が間に合わない場合もございます。
お時間の詳しい空き状況は、お気軽にお問合わせ下さいませ!

次回11月の営業日のお知らせは、
10月10日にHPのスケジュールにアップいたします。

============
10月 
新潟オフィス 営業日
 ◆12日 土曜
 ◆13日 日曜
 ◆毎週金曜日

東京オフィス 営業日
 ◆19土曜~21日月曜
  
 L'HERMITE BLEUハーミットブルーPCサイト★スケジュールはこちら
http://www.hermitebleu.com/scedule
============





関連記事

池波正太郎展

2013年09月05日 22:19

東京出張の際に、松屋銀座にて開催中の
「生誕90年池波正太郎展」に行ってきました!

池波正太郎展

池波先生の代表作『鬼平犯科帳』は、
私にとってはシンボリックな作品です。

取り巻く全てを敵のように思い込んでいた20代のある時、
唯一気の休まる時が、池波作品を手にしていた時でした。

時代小説というフィルターがあるため、
自分を投影しない気楽さがそこにはあり、
むさぼるようにページを捲ったものでした。

今回のこの展示会、かなり素晴らしかったです!

生原稿や自筆の絵画のほか、幻のデビュー作品まで!
(手に触れることは出来ませんが)

池波先生のダンディっぷりを示す、
愛用の着物やネクタイまでも展示されていました。

一番印象的だったのは・・・、
池波先生の定宿として知られる「山の上ホテル」所蔵のクレヨン。
ホテルに預けたまま、急逝されてしまったんでしょうね・・・。
うっすらとカビてしまっているあたりが、
帰らぬ持ち主を待っている年月なんだと思うと切なくなります。

またドラマで使われたセットの一部、
衣装や小物まで展示されていました。
リアルなものを眼にすると、原作もさらに面白く読めますね。

浅草にある池波正太郎記念文庫にも行ったことがありますが、
それをかなり上回る充実度でした。

今度は生誕100年!?の企画展が楽しみです!





関連記事