7月16日、10周年

2017年07月16日 08:24

地元・柏崎が震源地となった中越沖地震から、早いものでもう10年が経ちました。
今日は市内でメモリアルイベントが行われます。

中越沖地震で、私の家も全壊・・・。

家

正面

IMG_0180.jpg

祖母が家屋の下敷きとなり、奇蹟的にほぼ無傷で無事に救出されました。
まさかこんなことが起こるとは。

生と死が表裏一体であることを、この日ほど強く意識したことはありません。
大変衝撃的でした。




衝撃、というと・・・
地震が起こる半年くらい前、
実は私は生まれて初めてマルセイユ・タロットに出会ったのです。

「占い」と思っていたタロットが、実は違った!
私にとってはかなり衝撃的で、その面白さと奥深さにすっかり魅了され、
取り憑かれたように、独学で勉強を始めたのでした。

でも本から得る知識は、単なる「情報」の集積に過ぎず、智慧にはならないのです。
わからないことは、わからないまま・・・。

そして中越沖地震。
自分の存在が、いかに危ういものの上に成り立っているかを、まざまざ身をもって体験し・・・

大事なもの、無意識のうちにずっと普遍的に続くと思っていたもの、
それらが一瞬で全て無になる。

「マルセイユ・タロットのことを知らないまま、死にたくない!」

散々な状況の中で、強く思った私は、
その年の10月に一念発起して銀座に向かい、イシス学院でタロットを学び始めたのでした。


ですので中越沖地震は、私の人生において、強烈なターニングポイント。
あの時の経験と思いがあったからこそ、こうして今の自分がいると言っても過言ではありません。

少しは恩返しを出来ているかな?



あいにくと、今日は東京のイシス学院で講師をするため地元・柏崎にはいませんが、
(正直この日にイシス学院にいるのも、なんだかものすごい縁を感じてしまう)
色々な思いと共に、この日を過ごしていきたいと思っています。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)