FC2ブログ

「鬼平」なタロットカード

2013年04月27日 19:15

このところ、池波正太郎「鬼平犯科帳」にはまっています。
何年ごとかにやって来るこのブーム(笑)。

「鬼平」に出会ったのは大学の頃でした。
それから池波作品にベタぼれ!!
IMG_3410.jpg

「鬼平」は、古き良き江戸の文化や情景の描き方が鮮やかで、
まるでその場に自分もいるかのようです。
そして美味しい物の描写がいっぱいで、
またそれらも読んでいて楽しい。

でもやっぱり一番の魅力は、
「鬼平」こと、主人公・長谷川平蔵の信念の強さです。
彼を「お頭!」と慕い、命をも投げ出す覚悟で、
部下たちがついて行くのも頷けます。

この『5の教皇』のタロットカードが浮かびます。
教皇
悪事を取り締まる、という役割で見ると別のタロットカードなのですが、
その長谷川平蔵の持つ懐の太さ・深さ・大きさ、
そして彼に全信頼を寄せる部下たち、
その双方の関係がこのカードのイメージです。

「鬼平」は著者の池波先生が急逝したため、結局未完のまま。
結末がどうなるかわからない、というのがもどかしく、
残念な気持ちもありますが、またアレコレと想像もできますね。
全24巻ですが、連休中に読破しそうな勢いです!!




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)