FC2ブログ

ローズの香り

2013年06月08日 13:32

長岡市の越後丘陵公園に行ってきました。

今開催中の「ばら祭り」。
その名の通り、素晴らしいバラが咲き乱れ、
辺り一面芳しい香りに包まれていました。
初めて訪れたのですが、圧巻!
IMG_3460.jpg

IMG_3458.jpg

IMG_3462.jpg

その幾重にも重なった豪華な花びらや香りから、
花の中では特別な位置にあるバラ。

アロマの世界でも、バラ、つまりローズは、
他のオイルとは一線を画すといってもいいくらい、
特別な存在感を誇っています。

豪華なのに繊細で、甘さと深みのある芳香は、まさしく「香りの女王」。
女性ならばきっと大半の方が「大好き!」と言うに違いありません。

ですが、単に香りがいいから「女王」なのではないのです。

1滴のオイルを抽出するのにも、
バラの花が200個必要とも言われています。
それだけ貴重な分、持っているパワーも絶大!

にっちもさっちもいかない四面楚歌状態で、どうにも動けない・・・
そんな時、このローズのエッセンシャルオイルにはかなり助けられました。

お値段が大変高価なため(ちなみに5mlで3万円ほど・・・)、
なかなか使うタイミングをためらいがちですが、
静かな勇気と満たされる幸福感を、心に取り戻すことが出来ます。

ネガティブな気持ちを安定させるだけでなく、
かなりのポジティブさを心をもたらし、
明るく高揚させてくれる素晴らしい香りです。

ちなみに香りの印象はかなりの個人差があり、このローズの香り・・・
当初、なんと私は「梅干しの香り」という印象しか持っていませんでした(笑)。

その時の自分の状況や感情により、同じ香りでも感じ方が違います。
使ってみないと、香りからどんなアプローチがあるのかは未知数。
ですがローズは、周波数が高いため心に働きかける力が圧倒的に深く大きいので、
万能・万人受けしやすいとも言えるかもしれません。


そういえば・・・、
古代エジプトの最後の女王クレオパトラは、バラ好きとしても有名です。
当時は黄金よりも高価なバラでしたが、
バラ風呂に入り、寝室の床には花びらを5センチ敷き詰めたとか。
そんな何千年も昔から、ローズの香りの持つ力は受け継がれてきたのですね。

越後丘陵公園のバラを集めたら、今だったら出来るかもしれません!!
やってみたーい!




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)