ペパーミントの香り

2013年09月27日 20:44

すっかり秋モード。
暑かったこの夏は、ペパーミントのアロマオイルが大活躍でした!

ペパーミント

アレルギー体質の私は、
単なる虫さされが大きく腫れ、やがて水ぶくれとなり、
そして痕になってしまいがちです。

活動量が多いのか、はたまた体が健康になったのか、
(私は後者と思っている)
この夏は、虫に刺されることがかなり多かったです。

刺された直後や痒い時、
ペパーミントのアロマオイルをすぐに塗り塗り。
スーッとした清涼感とともに、痒みも引きます。
しかも痕に残らない!
ですが刺激が強いため、使う際にはちょっと注意が必要です。

このペパーミントのアロマオイルは、
喘息持ちの私にとって、なくてはならないオイルのひとつ。
咳がひどくて、肺のあたりがムズムズする時は、
胸のあたりに刷り込みます。
気がつくと咳も止まり、呼吸が楽になって大変助かります。

直接飲んでもスッキリするので、飲み過ぎや食べ過ぎなどで
ちょっと胃がツライ・・・という時にもオススメです。

肉体的にも便利に使えますが、もちろん気持ちにもアプローチ!
ぼーっとしてやる気のない時や、悩み事などで集中できない時など、
「今やるべき最前の事」に対し、その刺激的な香りで、
前に現実に、ガッツリと目を向けさせてくれます。
おかげで徹夜仕事の時など、
何度このペパーミントの香りに助けられたことか・・・。

そんなパワフルさを持つペパーミントですが、
その生え方自体も、とってもパワフル!
ちょこっと植えていたらどんどん増えてしまい、
他の植物を圧倒してしまった・・・と言うこともよく耳にします。

それだけの強さを持っているからこそ、
あの刺激的な香りがするのですね。
例え悲しみに支配されていようと、
「今」に集中させ、立ち上がらせてくれる香りです。

新潟オフィスのお庭でも、あちこちに生えていますので、
ぜひその力強い姿をご覧くださいね~!



<注意>
私が使用しているアロマオイルは、
直接塗ったり飲んだり出来るものです。
一般に販売されているものとは、異なった使い方をしております。
お手持ちのアロマオイルをお使いの際は、
その取扱書に沿ったやり方でお楽しみくださいませ。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)