言葉ではなく

2015年04月17日 15:25

このひと月あまり、かなりひどかった喘息がようやく収まりつつあります。

発症したのは3年前でした。
オトナ喘息って、その原因のほとんどがストレスだそうな・・・。

それから上手に?つきあっているものの、
時折、前触れもなくいきなり突然にやってくるんですよ、喘息って。
季節の変わり目とか風邪をひいたとかなど、
外的要因がきっかけならばわかりやすいけれど、
それが内的要因だとすると、ちょっと厄介ですね。

喘息を何かのサインと捉えると、
私の場合は「言いたいことが言えない」時に喘息が出やすい・・・と、気が付きました。
(あくまでも私の体の個人的な実感ですのでご注意を)

社会生活をスムーズに、なおかつ快適に営む術として、
オトナとして言いたいことを多少飲み込むのは、ある意味フツーのことです(笑)
言いたいことを全て垂れ流していたら、それこそ今度は別のモンダイがっ!

友人曰く、私は「おこりんぼ」だそうな(笑)。
感情の沸点が低いからこそ、いちいちいちいち(・・・以下続く)
気持ちがプチプチッと、あるいはブチッと反応しちゃうんでしょうね~。

今回の喘息のケースでさらに実感しました。
カギとなるのは「怒り」のコントロールだ!ということを・・・。とほほ。

そして不思議なのは・・・
私が喘息を発症したころと同時期、
愛猫ちまきも、咳き込む症状が始まったということ。
IMG_3057.jpg
獣医さんいわく、猫にも喘息があるそう!

繋がってる!?(笑)
それともちまきもおこりんぼ!?





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)