受難・・・

2016年01月25日 19:36

この土日は東京出張!
イシス学院にて、初級コースの講師でした。

帰りの日曜日、新幹線を降りてびっくり!
大雪のため長岡駅からの先、在来線は上下線ともすべて運休・・・

JRの待合室は大混雑です。
しかも、どこにもぶつけられないピリピリムードが漂っていてツライ・・・。

もちろんタクシー乗り場は長蛇の列!
幸い、兄が迎えに来てくれたのはいいのですが・・・。

長岡市と柏崎市とを結ぶ曽地峠にて、
スリップ事故や車両のトラブル続きで、
国道8号線は上下線ともに大渋滞でした。

曽地峠で1メートルも動かない状態で2時間・・・
少し動いたと思ったら、
その先の車がエンストしてて通れず、動けずにまた2時間・・・
もちろんその間も絶え間なく、雪は振り続けています。

じっと座って本を読む2時間と、動く前提でじっと座っている2時間は、
ほんとーーーーに雲泥の差ですね。
同じ2時間だというのに。
苦しかったです~



長岡駅に着いたのは、午後9時半でしたが、
ほうほうの体でようやく自宅に着いたのは、午前4時半!
長岡と柏崎間で、こんな「長旅」を経験したのは初めてです。

でも、見慣れた家の周りで、こんな幻想的なワンシーンが。
20160125184728566.jpg
薄い雲間から、満月がきらめいた一瞬でした。

自然は脅威ももたらすけれども、
こんな風に心が奪われるひと時も与えてくれるんだなぁ。



そしてですね、日本人は美しいなと思ったのは、
そんな大渋滞の中でも、皆が皆、きちんと列を守ってじっと待ち続けているということ。
一台足りとも「俺が先に行ってやる!」と、横ヤリを入れる車はありませんでした。
きっと心の中は、イライラしていたにも関わらず。

前方車はタクシーだったのですが、
「●●で事故が起こったみたいですよ」と、運転手さんがわざわざ教えてくれたり。

長い夜でしたが、いろんなことを見つけた気持ちです。





関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)